復興公営住宅 と 保証人2014/08/25 18:24

 多くの自治体は「災害公営住宅」と表現していますが、仙台市は「復興公営住宅」としています。なるほど、これは仙台市に一票。
 名取市においてもこの「災害公営住宅」の準備が進められていて、来月には下増田地区の募集要項が公開される予定。でも、入居したくても入居する条件が厳しくて、入居をあきらめる方が出るかもしれません。中でも保証人の条件は重い。名取市復興まちづくり課に電話して確認したところ、災害公営住宅も市営住宅の条例で運用しているので2人の保証人が必要で、住民票、所得証明書、印鑑登録証明書を添付するらしい。保証人は頼まれても絶対引き受けない私は、この条件の厳しいことは理解できる。まして、震災で親戚や知人を亡くした被災者の心情を考えると役所の対応はいかがなものでしょうか。電話に出た担当者は「ご相談ください」と答えるのが精いっぱい。でも、なんとかならないのでしょうか。
 ホームページで各自治体の災害公営住宅の募集要項を見てみると、この保証人は「1人」が多く、「2人」としているのは名取市とお隣の岩沼市。しかし、「復興公営住宅」の仙台市は、この保証人の免除を明示しており、防災集団移転促進事業対象世帯の方、生活保護世帯、60歳以上の世帯、留学生などは保証人が免除されるようです。これにも仙台市に一票です!
 名取市は、「災害復興住宅の概要 平成26年2月24日」の中で、敷金を全額免除することを示しています。名取市営住宅管理条例の中では、この敷金の免除も、そして保証人の免除もしっかりと書かれているのです。第10条-⑵-3に、「市長は、特別の事情があると認める者に対しては、第1項第1号の規定による請書に連帯保証人の連署を必要としないこととすることができる。」とあります。被災した方の側に立てば、この保証人の免除も、きちんと明記して募集して欲しいと願います。条例なんて知らないし、相談することもできないのが普通なのですから、小さな声を大きくするしかないのです。

うそ2012/06/30 15:38

ちょっと言い訳。だから他言しないで、うそだし。
 昨日、辞表を出した。正確に言うと退職申出書を提出した。人事担当へ事務的に出せばいいのだろうけど、直接任命権者に手渡した。ちゃんとやめる理由と、途中でやめちゃうごめんなさいを伝えた。
 実は、辞表を出したのは今回で2回目。1回目は20代後半、チベット、ヒマラヤの山に行く時だった。この時は上司が机の中にしまっていてくれて、山から帰ってもチャンと机があった。1ヶ月程度の欠勤扱いとなり首はつながったが、その時の処分は今でも続いている。でも、今回はこれで決まり!
 「明日死んでも悔いが無いように生きるため」とカッコいい理由を後付けしたが、何も今の仕事を辞めなくても、気持ちの持ちようじゃないかとも。でも、ずっと自分をごまかしながら、安定した職場にアグラをかいていたのは事実。フトしたことから、変化したいとの思いが急に増幅し、退職を仕方を調べたのが3日前。勧奨退職は知っていたが、自分がその条件に今年から当てはまることが判明。そして、この退職申出書には提出期限があり、それが6月末であったわけで、慌てて退職金を計算した。借金を清算できるとわかったら、後はカアチャンのお許しを頂き、反射的に辞表を出しちゃったというわけで、即決でした。
 世の中が不況で就職難で混沌としている時に、無謀で見通が甘い、バカじゃねぇのと言われても仕方がない。もう、後戻りはできないわけだから、前を向いて知恵を絞ってモガクしかない。正直、不安はあるが、吹っ切れた気持ちが新鮮だった。目の前が明るく感じた。もう少しで辞めてしまう仕事も、終点が決まったもんだから、やらなければならないことがいっぱい見えてきた。そして時間がないことに初めて気づいた。
 残りの人生もそんなに長くはない。やりたいことがいっぱいあるのに、時間がいっぱいあるわけでもない。急ぐつもりはないが、立ち止まるのはもったいない。さぁ〜て、未来がたのしみだ。ワクワクしてきた。おもしろくなってきたぞ。
 これからも一人じゃ心細いわけで、懲りずにおつきあい願います。

なとり日曜ネットが終わっちゃいました!2010/09/26 20:52

エフエムたいはく、毎月第4日曜日に放送していた「なとり日曜ネット」は、今日が最終でした。
生放送です!

コミュニティーFM放送って何だろう?
なんだか面白そう!
自分で放送できるのかな?
とにかくやってみよう!!

ということで、4月から9月までのお昼時間で90分の放送でした。
6回の放送でしたが、とっても楽しくて、もっと続けた~い!
というのが素直な感想でした。

さまざまな方と出会うことができて、たくさんの方々から応援をいただいてこの番組ができあがりました。 感謝、ありがとうございます。
ミューッジクオンザロックス

特に、ボーイスカウトのラジオ番組は全国的にも珍しいと思います。番組内容をホームページ上でも聞けるといいんですが、音楽を流しているので著作権の問題で難しいようです。

いずれにしても、名取の情報を、同じ生活圏の太白区と名取市にお伝えすることができたことは事実です。 特に、毎月出ていただいた「ラジオ版地球のステージ」桑山さんには、番組をグィ~ット盛り上げていただきました。世界的に活躍する地球のステージの本拠地が名取にあるなんて、皆さん知っていましたか。これからもよろしくお願いしますね。
ラジオ版地球のステージは慣れたものでした

名取を発信する放送は、駅前の蕎麦屋「宗」さんを中心に、現在進行形です。ミュージックオンザロックスも、来月からは時間帯を変えてオンエアします。私はこれから半年充電、また4月から放送できるように準備を始めようと思っています。

ラジオ局って、とにかくオモシロ~イ!

プリンを召し上がれ2010/03/05 23:43

いや~イヤ、いやイヤぁ~

久しぶりに、「ぷっちんプリン」を食べたぁ~!

忘れていた幸せだ。
久しぶりのシアワセ!
俺の幸は、プリンだ!

バナナは遠足の時に食べた。
風邪をひいた時も、たまに食べた。

だけども、プリンは特別のトクベツ!

母さんが、ナベに粉を入れ、グルグル煮て、器に注いで、冷蔵庫で冷やす。

息子よ、知っているか?
プリンはな、トクベツなんだっ!

気の遠くなる時間が過ぎて、固まって・・・
待つこと長き、楽しさ長き・・・

そして、シロップの粉を水に溶いて、かけるんだ!

いただきま~す!!

5ミリ間隔に削り、ゆるんだ顔で、チビチビなめる。
ああ、何という、至福のとき!

今日は、1センチ間隔で食べた・・・

それでも、久しぶりに幸せな気分になった

あなたも、試してみたら・・・

里山2009/10/11 13:08

散策路

今日もキノコ採りに山を歩いてきた。

この辺の里山は、キノコが出なくなったという。伐採をしなくなったので山が荒れてきたとも言っていた。 里山は薪やシイタケなどのホダ木などを確保するために周期的に伐採(間伐)がされ、その切り株にキノコが出たという。

キノコが採れなくても、朝早く起きて、こうやって里山を歩くのは最高の幸せだ。 適度に運動にもなるし、空気も美味い。そして心がおちつく。 大げさだけど、生きてるなって思う。

昔のように里山を守りつつ、散策路を整備し、多くの方が自然の中で憩いの時間を過ごせるようなプロジェクトをもうそろそろ始めてみようか。

定年も近いことだしね!