森の探検とちゃんちゃん焼き2013/12/15 18:09

ビーバー隊の11月の活動報告です。11月17日(日)10時から午後2時まで。スカウト9人の参加ですが、兄弟や保護者を合わせて25人ぐらいになりました。

11月は、森の探検と、ちゃんちゃん焼きをしてあそびます。まずは、リーダーからちゃんちゃん焼きの説明です。ちゃんちゃん焼きってどんな料理なの?

ちゃんちゃん焼きのおはなしです

サケの切り身に、味噌を塗りました。こんなにいっぱい塗ったらしょっぱそうに思いましたが、できあがりは、しょっぱくありませんでした。

みそをぬって・・・あと どうすんだっけ?

天気もよく、外での調理にはちょうどよい季候です。

みんなで共同作業です

野菜をいっぱいのせて、アルミホイルでくるみます。ぜったいに美味しそうです!

やさいをいっぱいのせて・・・

おき火で、じっくりと蒸し焼きにします。全部で4つをつくりましたが、どれが一番美味しいかな?

あとは焼き上がりを待つだけ!

焼き上がるまで、ちょっと森へ探検に出かけました。ちょっとのつもりでしたが、子どもたちは元気なので、ついつい、森の奥へ、奥へと、道がないのに、ガンガン登りました。

きょうはどこまでいくの?

一番大変なのは、大人かもしれません。特に、小さい子をだっこしたお母さん。でも、母は強し!

登りがきついし、道もないよ~

隊長、道がありません!といいながら、ヤブをこいで、きゅうな斜面をのぼります。あと少しで頂上です。まさか、ここまで来るとは思っても見ませんでしたが、子どもたちがあまりにも元気なので登ってきてしまいました。

道のないところを、ヤブこぎです!

途中2回の休憩をして、やっと駒板山の山頂につきました。駒板山は四等三角点です。よくぞここまで登ってきました。標高197.6m(写真の197.8mは間違え)です。リッパカッパです。

駒板山山頂 197.8m

北東に延びる長い稜線を登り、三角点に到達、そこから北に下り、150mの等高線上に東にトラバースして登ってきたルートに出て下りました。(こう書くと、すげ~山のようですね。)

国土地理院のHPより引用しました

色好き始めた雑木林を下ります。

紅葉には少し早いかな

ありゃりゃ、道なんかありませんが、子どもたちは上手に下りますが、親がたいへんです。

隊長、道がありませ~ん!

写真ではこの程度ですが、身長差から急な斜面なのがわかります。秋は、ヤブが枯れているので見晴らしがきくし、歩きやすいのです。それに、ウルシなどにまけることもありません。ただ、子どもの目線には、枯れ枝がたくさんあるので、その辺を注意してルートファインディングをします。

子どもより、大人が大変な下りです

今回の森の探検で、子どもたちの個々の体力がわかります。前回より、今回、そして次回とだんだんと距離をのばして、難度を高くするわけです。最終的には、ここから、五社山までハイキングしたいな。
この年齢は、月齢で大分違いますので、きちんとリーダーが把握をして、無理の内容に次のプログラムを考えたりもします。

うまそ~!

1時間30分の森の探検から帰ってきたら、ちょうどよい感じでちゃんちゃん焼きができあがっていました。けっこうな運動量で、おなかもすいています。ホクホクのちゃんちゃん焼きと、味噌汁で、お昼ごはんをいただきました。

ちゃんちゃん焼きでお昼ごはんです

うちの団のお昼ごはんは、おにぎりだけにしています。おかずはみんなでつくるか、おかずなしでお昼ごはんにしています。

おやつは焼きリンゴ!

お昼のあとは、残った火でデザートをつくります。アルミホイルにリンゴをのせて、さとうといっしょにくるんで、おき火で焼きます。甘い香りがして、やわくなったらできあがり。
あついので、アルミホイルでチョンマゲをつくることがポイントです。それをつまんで、お皿の上でひろげて、いただきます。これが、チョ~うまいのです。

きょうも楽しかったね~

今日の活動のしめくくり、こんどは、なにして遊ぶかな?午後の日差しがあたたかで、気持ちイイ。こうやって、活動の興奮を落ち着けてから、さようならをするわけです。
この時間、お話が大切で、一日の活動を思い出して、楽しかったね~なんて、印象を強くします。きつかった山登りも、楽しい思い出だけをお土産にするマジックです・・・ほんとかな?