夏の活動 パート3 ビーバーキャンプ2013/12/14 07:15

9月に始まったビーバースカウトの活動は、8月のキャンプで終わりです。
カブスカウトに上進するスカウトは最後の活動になります。
8月17日(土)~18日(日)の1泊ですが、盛りだくさんのメニューで遊びます。

川遊びはさいこー!

キャンプのプログラムは、川遊びが中心です。名取市内では貴重な場所です。

大きなタケを切りたおし運び出す

おひるごはんは、流しソーメンです。竹林から大きな竹を切り出して、自分の食器をつくります。
竹を切ることも遊びのひとつ。はじめは、ノコギリを上手に使えませんが、使ったことがないので当たりまえです。使えば、上手になるのです。

竹を切ってみがいて食器を作ります

お父さんたちが作った、流しソーメン台で、おいしいおひるをいただきま~す!

流しソーメン、うめぇ~!

遊んで食べて、また遊ぶと、またおなかがすきます。
自分で何でもすることが、子どもたちにはとっても楽しいプログラムです。
特別なプログラムはいらないのです。普段の生活を、子どもが体験することで遊びにします。

スイカ割りは人気です

お風呂をたいて、夕食をつくる。あたりまえの日常です。みんなでやるから楽しいかも。
お盆に帰省した親族一同で、まるで実家にいるような感じかもしれませんね。

おふろをわかします

子どもたちは、これまでの活動の経験から、たき火は得意です。そして、大好きです。
たき火は、子どもだけでなく、お父さんも大好きです。へたをすると、子どもからとっかえして火をたいているお父さんも・・・

夕食をつくります

うちのビーバー隊は、親子で参加して頂いています。もちろん、プログラムの中身によっては親子分離をしますが、基本は一緒です。子どもとしっかりと遊ぶヒントを、活動の中から見つけて欲しいという願いです。親も忙しいので、子どもと一緒に遊ぶ時間が少なくなっているかもしれません。どうせ、カブスカウトへ上進すれば、ボーイスカウトの年齢になれば、子どもは勝手に親離れするし、だから、今は、しっかりと子どもをだっこして遊んで欲しいと思います。

定番のカレーライス

実家に帰ってきた子どもたちは、みんなでたのしく花火をします。みんなでするからたのしいんだね~

みんなで花火!

土と水と緑の学校で覚えてきたドラム缶のお風呂に入ります。このドラム缶、地域の業者からもらいました。いろんな方のネットワークで、プログラムに奥行きができます。感謝です。

ドラム缶のおふろ!

ビーバー隊から、カブ隊に上進するスカウトのネッカチーフに、みんなで寄せ書きをします。
上進してカブ隊に行っても、元気に遊んでくださいね~!

ネッカチーフに寄せ書きです

最後にビーバー家族で、写真を撮りました。 いい顔ですね~
みんなでパチリ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://balloon-boy.asablo.jp/blog/2013/12/14/7108540/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。