夏の活動 パート2 土と水と緑の学校2013/12/13 23:06

土と水と緑の学校  8/7~8/14

今年で30回目を迎えるそうです。
和歌山県新宮市とアジア協会アジア友の会が中心となって、子どもたちが自然豊かな新宮市でワイルドな体験キャンプをするわけです。関西圏ですから、公用語は関西弁!
名取の子どもたちは、名取市と姉妹都市の新宮市のご招待で、今回で3回目となります。

私は当初から引率で参加していて、もう、この企画にどっぷりと惚れ込んでいます。

今年で30回を数えた開校式

6日間のプログラムは、とても魅力的です。海から山、川遊びなど、子どもたちの好奇心を駆り立てます。

太平洋にクジラを見に船に乗ります!

ホエールウォッチングに出かけました。太平洋のど真ん中で、ハナゴンドウクジラを見つけて大喜びです。

帰りは船酔い?

感受性が強いのか、結構船酔いする子どもがいます。鈍感な私は海に出るとますます元気になりました。

磯ではウニや貝を捕って食べます!

磯場では、海に潜ってウニや貝を捕ります。その場で味見をしますが、ビールはありません(笑)

熊野の森を歩きます

土と水と緑の学校の活動は、学校と名のつくとおり、それぞれの活動には専門の先生が子どもたちにわかりやすく、おもしろく自然のことを教えてくれます。

これ以上のことは、土と水と緑の学校のフェイスブックをご覧ください。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://balloon-boy.asablo.jp/blog/2013/12/13/7108302/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。