よもぎで染める2013/07/28 08:14

ビーバー隊の6月の活動は、よもぎで布を染めて遊びました。

事前の準備は、木綿を豆乳に浸して乾燥させます。本当は、大豆から作った「ごじる」だといいそうですが、準備の時間がなかったので、豆乳で代用しました。

豆乳で前処理します


しっかりと干さないとカビそうです

朝とあいさつの後、活動の説明をする。3月は「よもぎだんごづくり」で、4月は「よもぎピザ」を作ってたべた。今月は、「よもぎ染め」だから、子どもたちは、もうすっかり「ヨモギ」を覚えた。季節の流れで、ヨモギも成長したが、子どもたちは生い茂る草の中からしっかりとヨモギを見つけ採ってくることができた。

朝のあいさつと活動のおはなし


よもぎをとりにいった

木綿の絞り方の説明です。
ここでは、輪ゴムで絞ります。その他に、割り箸や、ビー玉を使います。
輪ゴムを使わず、ただ結んでもおもしろい模様ができます。
事前に試しておいた絞り方と模様を見せて説明します。

輪ゴムしぼりの説明

この日は雨降り。
でも、シートをかければそこは快適な空間です。
子どもたちは、雨降りでもヘッチャラです、というより、雨降りが好きかもしれません。
ここでは、雨の中で遊べる環境なので、子どもたちものびのびしています。

雨ふり

昨年も経験したスカウトは手慣れたものです。
どんな模様にしようか、考えながら手を動かしてます。

集中して絞ります

保護者も自分のを作りました。
こういうときは、とっても集中できて楽しそうです。

デザインを考えて絞ります

絞ったら、ヨモギの煮汁につけます。
釜で煮たヨモギを出して、その汁につけますが、これのニオイがきつい。
冷ましてからだとイイのでしょうが、時間がないので熱い煮汁につけました。

釜で染めます

しばらくつけておくので、布には自分の名前を書いてから入れます。
もう火は落としてあるけど、結構熱い、気をつけて。
このあと、ミョウバンの液に浸して、もう一度ヨモギの煮汁につけました。
ちょっとは、色がでたかな?

よもぎを煮ています

色がつくまでの時間は、目の前の川で遊びます。
石の隙間から「サワガニ」を見つけたものですから、そりゃ~もうたいへんです。
でも、これが楽しいわけで、正直なところ、染め物よりもサワガニとりの方が
おもしろそうです。

サワガニをさがしはじめた

できあがった作品です。
木綿より絹を使うと発色がよく、下処理も必要ないとのことですが、値段が高くて手が出ません。
染め方も適当なので、イマイチの発色かもしれませんが、この淡い緑がなんとも魅力的です。
やってみると、絶対におもしろい。本格的に勉強してみっかな、なんて思います。

できた!

やっと6月の活動報告ができました・・・

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://balloon-boy.asablo.jp/blog/2013/07/28/6925155/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。