土と水と緑の学校2012/11/22 14:16

 今年の8月、子どもたちの夏休みを利用して、新宮市の高田地区で行われている「土と水と緑の学校」に、名取の子供たちをつれて参加してきました。昨年度に続いて2回目、今年も新宮市からの招待です。初日は新宮市役所を訪問して、副市長に挨拶、その後は速玉大社、那智神社を参拝しました。

那智の滝、観光もしました

 これは入校式の様子。8月13日までの5泊6日、移動日を入れると7泊8日の日程です。

開校式の様子、子どもは65名の参加です

これが仕事ですから最高です。野外活動が仕事なんて、夢のようです。実は、就活の第一希望がキャンプ場の管理人だったで、ちょっとだけ22歳だったころの夢に戻ることができました。
実は、この高田地区は昨年8月の台風12号で大きな被害がありました。このキャンプを実施しているアジア協会アジア友の会は、すぐに現地に入って復旧作業にあたり今回のキャンプが実現したわけです。

川で遊ぶ

 アジア協会アジア友の会は、東日本大震災においても、南三陸町で支援活動を展開中で、宮城に来た時には時々名取にも寄って顔を見せてくれます。
名取でも、こんなキャンプを企画したいものです。ボーイスカウト名取第1団のチカラをあわせれば可能だと思いますので、ぜひ実現しましょうね!

ビーバー隊の流しソーメン2012/11/22 14:35

ビーバー隊の最後の活動は、お泊まりキャンプ。子どもたちは、一年でだいぶたくましくなった。
ビーバー隊の活動で何が楽しいかというと、やはり非日常的な遊びだ。
今回は、山から竹を切ってきて、流しソーメンを食べるプログラムを紹介しよう。

けっこう深いヤブ山から切り出した

深いヤブに入っていく。自分の腰くらいのヤブをこいで、クモの巣を払いながら森の中への進んでいく。先っぽが見えないくらいの高く太い竹をみんなで切り出した。

みんなでちからをあわせてはこびだす

ソーンメンは買ってきたが、うつわとハシ、流すとよも自分たちで手作り。のこぎりは何回か使っていたので、なれたものだ。順番で押さえて、自然とみんなで協力するようになる。

のこぎりもなれたもの!

これが、最高の調味料となり、美味しくソーメンをいただいた。

いただきま~す!

食べた後は、目の前の川で遊ぶ。川で遊べるのも樽水の魅力だ。


川遊びが一番楽しいかもね♪

夏のキャンプで、今年のビーバー隊の一年が終わる。

ビーバー隊 入隊式2012/11/22 15:13

      今年はこのメンバーで始まります。ボーイスカウト名取第一団です。


2012.9.17



ココロツナグ 熱気球で復興支援2012/11/22 15:32

熱気球で復興支援。
9月30日(日)に被災した太平洋沿岸部で熱気球の一斉係留を行った。
名取市では、その前日の夜にバルーングローを行う。きれいでしょ!

バルーングロー

係留にはたくさんの方が集まってくれました。

美田園での係留

参加スタッフです。風も出てきたので、これで終了としました。

風も出てきたので終了、お疲れ様